ヤマダ電機ではVJAギフトカードは使えない ?>

ヤマダ電機ではVJAギフトカードは使えない

家電量販店として全国1位のヤマダ電機ですが、残念ながらVJAギフトカードを使っての買い物はできないんです。

店舗数が全国に展開して、さらに、JVAギフト加盟店は全国50万店以上とあるのにと思ってしまいますよね。

使えない理由としては、ヤマダ電機が加盟店ではないってことになるんですがね。

でも、ヤマダ電機でVJAギフトカードは利用できませんが、JCBギフトカード、JTBギフトカード(2007年6月以降ものでカードデザインが新しくなったカードのみ)、UCギフトカード、三菱UFJニコスギフトカード(旧DCギフトカード、旧UFJ NICOSギフトカード、旧ミリオンギフトカード、旧UFJギフトカード、旧NICOSギフトカード)が利用できます。

ヤマダ電機でも利用できるギフトカードは、4種類のみということになりますね。

ヤマダ電機は、店舗によっては食料品や日用品、本、おもちゃも販売しているので利用する人は多いと思うんですけどね。

私も家電を買いに行く時はもちろんですが、食料品や日用品を買いに行く時だけも利用していますよ。

ヤマダ電機での楽しみといったら、来店時や購入時に会員限定だけ出来るルーレットでポイントがもらえることですね。

1等は4000P、2等500P、3等50P、4等30P、5等10P、6等1Pの中から必ずもらえます。

最高500Pもらった時がありますが、ほとんど10Pが多いです。

1P=1円として使えるので来店するだけで、10円貰えるならいいですよね。

また、ヤマダ電機といえば「やまーだまだまだ安いんだ~」で始まるあのオリジナルの曲ではないでしょうか。

意外と耳に残り、ふと口ずさんでいる時があるので、自分でもビックリしてしまいます。

歌詞の内容は、「安いよ」がメインになっていて、後半の貸しには「暇ならおいでよ」や「大満足」が入っていますよ。

ヤマダ電機以外でも、色んなお店でオリジナル曲ってありますよね。

店内でずっと流れているし、短い歌詞で何度も繰り返しているので、すぐに覚えてしまいます。

オリジナル曲作成にもコツがあるみたいですよ。

簡単な歌詞で同じ言葉を何度も繰り返す事見みたいで、「あのお店といえば、あのメロディだよね」と自然と体に染み付くように作られているそうです。

特に繰り返す事で、子供の耳に馴染みやすく、簡単に歌えるのでプラスでの宣伝になるとかみたいです。

ヤマダ電機の話になってしまいましたが、VJAギフトカードの利用ができなくても他店との価格競争をしていて「他店より1円でも安く売ります」なんて言っているので、足を運んでみてはいかがでしょうか。